全ての市民のため?自分の信条のため?

今回の議会で提出された「市議会議場に国旗と市旗の掲揚を求める請願」に対する、各議員の一連の発言について、すごく考えさせられてます。


ここで「請願とは何か」にちょっと触れてみたいと思います。

日本では憲法16条において「何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。」と規定され、請願権が認められています。
また、請願は、これを採用した官公署に対し、特別の法律上の拘束を課すものではないとされています。

そもそも請願というのは、専制的な政治や行政が行われた時代には、国民がその利益を守り、国家によって侵害された権利を回復するための、殆ど唯一の手段であったようです。

そのため、近代の人権宣言や基本的人権を保障する憲法において、多くの自由権や平等権と並んで、重要な基本的人権の一つとして規定され、議会制民主主義を補完し、行政に対する住民からの意見表明の機会を保障するものと考えられています。




さて、自分が気になっている発言は下記の通りです。
「やじるし」は自分が疑問に思っていることです。

1、この請願には、偏った思想が背景にあるのではないか

偏っていない思想とはなんでしょう?


2、請願によって議論するのではなく、議員発議によって議員全員で議論すべき問題ではないか

①上程された請願を審査し議論するのは当然である。
②請願審査と一般の議案審査は殆ど同じである。
③議員個々に賛成反対の考えがあれば討論で表明できる。
③議会がいつまで経っても取組まないから、市民から請願が出されてしまった、とは考えないのか?


3、請願趣旨には賛成だが、請願者の思想信条と自身の政治信条に相いれないものがあるので、請願に賛成しない

①請願趣旨に賛成なら、請願に賛成ではないのか?
②請願者が反社会的勢力というなら、請願を出す前に社会規範を守る方が先でしょう、とも言えるとは思うが、請願者がだれかによってその審議結果が異なるというのは、明らかな差別ではないか?


4、中国や韓国が反対している。燕の経済に悪い影響が出たらだれが責任をとるのか

これに至っては、もうがっかりです。こんなこと言う人が政治家やっててよいんですか?

中国や韓国の許可を得ないと、自国の国旗すら掲揚できないのか?
日本は独立した主権国家ではないのか?
    

と、こんな感じです。



今回の一連の発言は、論点がずれていたり、人権を侵害するような発言であったり、というように自分には見えていました。
自分が変なのか、今回は本当に考えさせられます。




もっと勉強します。
もっと情報が欲しいです。

色んな情報を提供して欲しいです。

何卒、何卒、よろしくお願い申し上げます。


今日もありがとうございました。







9月議会終了

9月議会が終わりました。

今回は、というかいつものことなんですけど、「初めてづくし」の議会でした。

まず、請願の紹介議員に初めてなったこと。
なんとか採択されました。

それと、議長不信任の動議が出されたこと。
否決されました。

議長の不信任決議の投票を、記名で行うか無記名で行うかの投票があったこと、などなど。
無記名での投票となりました。

投票なんて、記名でやった方が良いです。というのは自分の考えですが。
議員は自分の意思表示に、すごく責任をもたなくてはなりません。
自分の意思表示を正々堂々と行って、世の中良くして行きたいです、っていうのが議員なんじゃないかなと思います。

無記名投票なんて、隠れてこそこそやってるのと同じじゃないですか。
それでもそういったことが必要なことってあるのでしょうか。
今の自分には分かりません。

分かったら、その時また報告致します。


今回の、請願の討論での発言をリンクさせておきます。

国旗市旗討論

今日もありがとうございました。

議会運営委員会 国旗市旗の掲揚

本日議会運営委員会が開かれ、市議会議場に国旗と市旗の掲揚を求める請願の審議が行われました。


自分は本請願の紹介議員となっております。


各議員からそれぞれ意見が出され、賛成反対両方の意見がありましたが、賛成多数で採択となりました。


主な意見等
反対意見
1、請願の内容である議場に国旗の掲揚は賛成だが、請願者である日本会議の活動趣旨に賛成できないため、というのが2名
2、市民に問うてから議論すべき。
  また、議会運営の問題であって、請願によって議会運営に関わることを決めるべきでない。
  請願によって決めるのではなく、議員発議等で決めるべきだ、というのが1名

賛成
1、請願趣旨に賛成。
  国旗市旗の掲揚は、既に広く世間一般で行われていることであり、また国際的にも当たり前のことである、と  いうのが4名。





9月30日の本会議では、議会運営委員会に所属していない議員からも反対の意見等が出されるようです。

初めて紹介議員となった請願です。
採択されるように頑張ります。



今日もありがとうございました。