リレー4

皆様お元気様でございます。

今日で7月が終わります。

つい先日、夏越の大祓の記事を書いたばかりですが、早くも一月が経ちました。

あれやこれやと手をつけてみている毎日ですが、まちがよくなっていくことに貢献出来ているのかと、いつも焦りを感じています。

焦りや不安、恐怖を抱えつつ、なぜか幸せも感じてしまいます。

おかしいのかと思ってしまう今日この頃です(笑)



さて、リレーの3人目、燕市水道町2-3-38なごみケアセンター長の本間俊明さんです。
リレー4 (2)
優しさをありがとうとのことです。

お地蔵さんは、神様になることができるほど徳の高い王様でした。

天から「神様になるか」と聞かれた時、「この身のままこの世に残り、苦しむすべての者を救いたい」と答え、現在でも、この世界を含め地獄といわれるところで、苦しみ迷っている人を救い続けていると言います。

地蔵和讃というのを読んでみてください。泣けます。


リレー4 (3)

本間さんは教育に関心があり、燕市には力を入れて取り組んでほしいことの最たるものだそうです。

燕市ではなぜか、中学校に入ると学力が突然下がります。

授業の難度が上がること、環境が変わることなどが原因として考えられていますが、家庭学習の時間もそれに比例して減少します。

なぜ家庭学習の時間が減少するのか、その理由は部活動が忙しいとか(部活動は遅くても、19時前には終わっているはずです。)、宿題を出さない先生がいるとか、家庭学習の習慣化がなされていないとか、いろいろ原因と考えられるものがあるようです。

それら理由が分かっているのなら、それを解決すればいいのではないかということにもなろうかと思います。

多くの方がそうであるように、本間さんも、知徳体の調和のとれた教育を望んでおられます。

部活動では、多くの部が全国大会優勝などの目標を定めそれを達成していることをアピールしているように、学力においても、今年はこれだけ向上させたい、これだけ変わった、というものを数値化しアピールするべきではないかとのことでした。

中学校に行くと部活動の成績が大々的にアピールされていますが、学力に関するものが大々的にアピールされているという印象は全くないです。

学力の向上を声に出すと「学力が全てではない」「人は勉強ができればいいってもんじゃない。」と反論されますが、今の学校現場の状況はぱっと見ですが、「部活動至上主義」に見えなくないです。

やっぱり、こういった状況にも批判はあるわけです。

教育立市を宣言したまちらしく、和を貴ぶなどの日本人が古来大切にしてきた精神性と、知徳体の調和のとれた質の高い教育が行われるよう、貢献したいと思います。


本間さんから、「子どもたちは燕市の将来そのもの」との言葉をいただきました。

本間さん、ありがとうございました。


今日もありがとうございます。

リレー3

皆様お元気様でございます。

28日、三燕グラウンドの陸上競技大会の開会式に出席してまいりました。

すごく暑かったです。

陸上競技大会

三燕グラウンド (2)
トイレが新しくなっています。

陸上競技協会の偉い方が、三条燕総合グラウンド施設組合の今年度管理者である国定三条市長に、グラウンドの施設整備のお願いをされてました。

燕の議員は、施設組合の委員である渡辺広宣議員、タナカキン議員、自分が出席しました。



さて、7月18日にリレーの3人目、燕市体育協会理事長も務められます高橋弥一さんです。
リレー3 (1)
神々しいですね。

高橋さんはいろんなことに取組まれており、人物紹介だけするにも大変な方です。

用意させていただいたいつもの3つの質問に収まりきらず、いろんな話をお聞かせいただきました。

高橋さんが特に力を入れられているのかなと感じたのは、スポーツへの取組みです。

自身でリトルウイングRCという、ランニングチームを立ち上げておられます。

またスポろーれ燕では、親子かけっこ教室も開催されておられます。

子どもたちのスポーツ環境を整えたいというのが高橋さんの願いだそうです。

それから、大学進学などで燕市を離れた子どもたちが帰って来た時のために、居場所を作っておきたいという思いも持っておられます。

その「居場所」に帰ってくる卒業生たちで、チーム創立10周年を記念して、昨年三燕総合グラウンドに照明を寄付されたそうです。


リレー3 (2)
高橋さんはお仏壇屋さんでもあります。

国指定伝統工芸品三条仏壇

このお仏壇は、特別なデザインのお仏壇だそうです。


話しが多岐にわたりまとめきれませんでしたが、最後に高橋弥一さんに市に対して要望などありませんか、とお聞きしましたら、

・三燕グラウンドのトラックをタータントラックにしてほしい。
・三条仏壇の伝統技術を残して行くための支援を。

ということでした。


これからのご活躍を祈っております。

今日もありがとうございます。

リレー2

皆様お元気様でございます。

小沢一郎衆議院議員が今後どうなっていくのか、それによっては、国会がとても大きく変わっていくのではないかと注視いたしております。

一気に世代交代が進むとかいろいろ・・・




さて、先日始めたリレーに2人目のお客様です。

斎藤裕志さんからのご紹介で、大橋和明さんが登場してくださいました。
大橋和明さん (2)
大橋和明さんです。

5人のお子さんがいらっしゃいます(燕のビッグダディ)

また、燕西小学校PTA会長を務められ、さらに燕三条JCの一員として、子どもたちやまちのために、日々精力的に活動されておられます。

余談ですが、小さいころ、燕スイミングスクールで一緒に水泳などを習っていたこともあります。



さて、例によって3つの質問にお答えいただきました。

ご丁寧に、文書をワードでまとめてくださいました。大橋さんの優しさに感謝。

1、燕市をどう思うか

どこのまちでも言える事だけど、核家族化が進んだり地域コミュニティが衰退して人と人の繋がりが
弱くなっていると思う。
僕らのころより絶対数が減っているとは言え、子供たちの遊ぶ姿もあまり見られない。
県央地区以外で若い世代を見かけない。
県外で仕事をしていたので10数年ぶりに祭りに行ったときはその変わり様に驚いた。


2、燕市に対して

20代30代の若い世代の転出率が大きいと思うので、そういった世代にも「燕から出たくない、燕に行きたい」と思われるような魅力的なまちづくりをして欲しい。
若い世代に元気があれば、産業や祭りなんかももっともっと活気づくと思う。
どんどん多くの人を巻き込めば、必然的に40代より上の熟年層にも波及効果が出るのでは。
市が「つばめっ子かるた」や「燕ジュニア検定」、「つば九郎米」を作ったが、地域の魅力を掘り起こすことも必要。
燕らしさを再認識でき、子供たちは燕のことをより深く知ることができるのでとても良いことだと思う。
良く知りもしないことに誇りを持つことはできないので。
子供たち、若い世代があちこちで燕のことを自慢できるようになる頃には、このまちはもっと住みやすくなっているはず。
燕の未来を考え、そういった取り組みに産民学も続いて欲しいし、協力すべき。
市にあれもこれもと要望が多くなってしまうが産官民学をまとめ上げるのはやっぱり市。
昔から好きだったし、これからも愛される燕となるよう一市民として微力ながらも出来る限り協力したい。


3、その他(ここの答えは、ヒアリング中に大橋さんから伺ったことをまとめました。)

・燕市は職人のまちであるせいか、PRが得意ではないように思う。
 市内外にもっと自分(燕市)のことをPRした方がいい。
・子どもを育てやすい環境が整えば、子どもを産むことをためらわなくなるのでは。
・天気が悪いと遊ぶ場所がない。雨天でも遊べる場所がほしい。
・燕市は農産品も有名。もっとブランド力、知名度を高める取組みをするべき。
・生産者の工夫や思い入れが伝わるような取組みが必要。
 ピア万代の農産品売り場も参考になると思う。
・人の心が元気になる取組みが必要。
「少しおせっかいをやいて」何かの活動に引っぱり込む。やってみれば元気になる人も多い。
 そして「人と人をつないで行く」。
・市はいろいろな取り組みを行い頑張っていると思うが、民を巻き込みきれていない感がある。
 情報の周知も含め、民がついて来れる方策を考えてほしい。
・市役所の職員も、自分達がやりがいのある仕事を考えてほしい。市民の喜ぶ顔が見れればやる気も出るのではな いか。

などなど。

いや~大変勉強になります。

素晴らしいです。

大橋さんありがとうございました!

大橋和明さん (1)
優しい笑顔で送り出していただきました。


今日もありがとうございます。

企画モノ

皆様お元気様でございます。

庁舎から帰って来る時、企画ものをちょっと思いついたのでチャレンジしたいと思います。

その名は「リレー」です。

まちの色んな方にお会いして、お話を伺うことが目的です。

お会いした方から次の方をご紹介いただき、いくつか質問させていただいて行きます。

質問項目
1、「燕市」をどう思うか
2、「燕市」に対して
3、その他なんでも


早速、行ってまいりました。
企画
斎藤裕志さんです。

なぜに彼から始まりなのかといった声もあろうかと思いますが、ちょっと前から彼には用事があったのですが、お互い時間が合わず会えずじまいでした。

彼に会う直前にこの企画を思いついたので、申し訳なかったですが、急きょ彼に登場していただきました。


質問
1、燕市をどう思うか

地元

2、燕市に対して

よりよい地域社会のために貢献したい。
たとえば、一所懸命に稼いで市民税をたくさん払うとか・・・。

3、その他
①子育て支援金の復活について
・民主党の子ども手当の支給と、学校の無償化が行われることが理由で、子育て支援金の制度が無くなると聞いていたが、結局どうなったのか。
・お金があったら復活してほしい。

②合併したけど3つの地域は3つの地域のまま。別に支障はないけど・・・。
子どもの時代になれば、3つの地域という意識なんて無くなるだろうし。
一つになるような事業には取り組んでいるのか。
職員同士で、それぞれの地域意識のようなものが残っているのではないか、と感じる。

③市役所での挨拶について
・市役所に行って廊下などで職員とすれ違ったとき、ちょっとした挨拶があると嬉しい。
・住民にとって市役所は、行政サービスという名のサービスを受ける場所。お店と同じ。店員とお客さんの関係を求めているのでは。
・イベントで市議会議員が来られているが、議員同士で挨拶しないのを見かける。一方が挨拶しても、挨拶された方が返さないとか。

④燕市への要望
あいさつの徹底。
やっているかも知れないが、学校でもしっかり教えていく。もちろん、先ずは市役所から。議員も。

「挨拶は心の壁を取り除く。」

ハイタッチが出来るくらいになればいい。

以上



斎藤さん、名言をありがとうございました。

今後ご紹介いただくことになった皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。

今日もありがとうございます。