政見放送

皆様お元気様でございます。

安倍総理来燕されました。
KC4H0261.jpg


今回の参院選

自分は

自民党 中原八一候補を応援しています。



さて

某党の

我が国における集団的自衛権行使の見解が

どうもおかしい。

同盟国が攻撃を受けたら日本も武力行使をしなければならない

というようなものだったと思う。

これでは

まったくもって限定的ではない。

これでは

「日本が〇〇する国になってしまう」
(○○できない国なんてないです)

という心配を国民が抱いても仕方がない。

しかし

それにしても

○○という言葉を

頻繁に聞くようになったけれども

とても怖い空気感です。

常にそれと真正面から向き合うことは

国家を守るという観点では必要なことではあるけれど

言葉の使い方を誤ると

思わぬ方へと歩みが進む。

自分には昨今のこの状況を

マッチポンプのようだなと感じている。




日本が行使できる集団的自衛権は

極めて限定的であるはず。

「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合において、これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないときに、必要最小限度の実力を行使する」(h26.7.1閣議決定)

「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」(我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律)

というように

我が国に明白な危険がある場合に限定されている。

そして

「他国に加えられた武力攻撃を阻止することをその内容とする、いわゆる他国防衛それ自体を目的とする集団的自衛権の行使は認められない」

という文言も

国の発する資料中から見出すことができる。

これ公になっているものです。

だれでも見れます。




今日もありがとうございます。