続 つぼみ保育園民営化問題


先日の地元紙に

つぼみ保育園問題が議会で取り上げられたことが報じられていました。

議会や紙面上で紹介された保護者アンケートの内容は

運営に手を挙げた事業者を誹謗中傷する

「緊急要望書」作成にあたった方たちによるものだったのではないかと

よくないことではあるが

つい想像してしまう。




今回の件

事の真相を知る者は黙して語らず。

この問題を引き起こした本人を含め

様々な方面へ

損失や負担を被らせないようにとの温情からだ。

また同時に

今回のように

非公開である選定委員会の審議内容が漏えいし

善意の市民が傷つけられることが二度とないよう

行政にその対策を求めている。




つぼみ保育園民営化問題は

これからの燕市にとって

とても大きな損失をもたらす可能性をもっている。

あらゆる分野の

行政がお願いする民間への依頼に

それを受けようとする民間事業者等に対して

ネガティブキャンペーンが展開される恐れがあることを示唆している。

今回の件では

ネガティブキャンペーンを展開された民間事業者は

選定委員会の審議内容は非公開であるというルールを守り

ネガティブキャンペーンに対するカウンターを打てていない。

これでは

ルールを守った方が損失を被るということになる。

この事業者の名誉や利益は

必ず回復されなければならない。




弱者のフリをして世間の同情を引き

その力を利用し

自らの目的のためには

他者がどうなっても構わないと考える人が身近にいることを

今回の問題は認識させる。




世界というのは

万人の万人による闘争状態というが

本質はやはりそこなのだと

目を背けるわけにいかない現実を突きつけられた出来事だった。

コメント

なぜ、反論しないの?

つぼみ保育園の保護者による「民営化反対運動」もっと大きな問題になると期待(?)していたのですが・・・。一部の声を大にした保護者の権利だけが守られ、ルールに則って名乗りを上げた事業者だけが貶められるのか私にはわかりません。この騒ぎが、これで鎮静化(?)されるのであれば、今後、二度と名乗りを上げる事業者は現れないでしょうね。今後の燕市のあらゆる民営化事業にも支障が生ずることです。保護者に何らかの弁償なり、事業者に対するお詫びなり、内々で済ませるのではなくして「市民及びマスコミ」の前で事の顛末を白日の下にさらすことも必要なのでは…。これをするのは議会の責任では・・・。《小林議員だけに言っているのではありません》議員が無理なら、私が・・・。

Re: なぜ、反論しないの?

星野さま、ありがとうございます!

おっしゃる通りと思います。

事業者を誹謗中傷する内容の、約130筆もの署名を添えた「緊急要望書」が独り歩きするなどし、当該事業者にこれ以上損失を与えられないということなどから、これまでは公開された議会における議論はなされては来ませんでした。

しかし、当該事業者が勇気を振り絞り新聞等にも出て来ておりますので、こうなってくると今回の件、一体なにが起こったのかや、事業者に落ち度がなかったことを明らかにしていかないというのでは、ルールを守った当該事業者を見放しているに等しいものと思います。

今回の件は、行政が設置した選定委員会の非公開情報が漏えいし、善意の事業者に社会的損失を生ぜしめたというあってはならない不祥事ですから、行政としても真摯に受け止め対応をとるべきと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)