米山知事


小林は民進党員でもなければ

もちろん

共産党員でもない。

どちらかといえば極めて自民党に近い。

燕市議会の一部議員からは

「小林は右翼」といわれているそうだ。

実際に議席は2期連続最右翼(期数や年齢で席は決まる)

でも、議長席から見れば最左翼。

まぁ、右でも左でもそんなことはどうでもよいが

自分は真ん真ん中を行っていると思う。




そうした自分の話はおいておいて

先日、知人のお誘いを受け

民進党新潟県連が開催する政経塾に参加させていただきました。

第一回講師に米山知事が招かれていて

オフレコトークが盛りだくさんの講義に

「大丈夫なのだろうか」

と心配になったけれども

それもお人柄なんだろうと楽しく伺わせていただきました。

医師であり弁護士でもあるという常人離れしたその経歴から

いわゆる普通の人の感覚ってあるのかなという疑問をもっていたわけだけど

選挙に挑戦され続けて来られた、その思いや苦悩に触れた時

涙が出そうになった。

武道スポーツ発言や

銃剣道時代錯誤発言は忘れられないけれども

これからどのように県政運営をされていくのかに

いやでも関心を抱かずにはいられない勉強会となりました。
(議員なんだから当たり前だろ、といわれそう)




いつもありがとうございます。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)