FC2ブログ

若者と若手議員による政治・選挙に関する意見交換会


新潟県明るい選挙推進協議会・新潟大学人社系附置地域政策協働センター等が主催。
新大政治選挙意見交換会122 (8)


内容は

参加議員によるパネルディスカッションやグループに分かれての学生との討論。

1時間くらいやったパネルディスカッションでは、議員ってしゃべりたがりだなと改めて実感(笑)



グループ討論での自分たちグループでの課題は

投票率の向上を目的に

1、熱量が多い人はどういう人か
2、なにを実施すべきか

を討論しました。

新大政治選挙意見交換会122 (4)

熱量が多いということと投票率は関係あるのか、とか

投票率さえ上がれば質はどうでもよいのかといった意見がだされ

みんなで討論。

「悪いことを全部政治のせいにして、みんなを怒らせれば選挙に行くかもしれないよ」

「選挙に行かなかったら100万円の罰金を課せば、みんな怒って選挙にいくよ」

「シールズみたいなことをすればいいじゃん」

と言ったら

どうもそういうことではないようで

投票の質も大切なんだという一つの結論が導かれました。
新大政治選挙意見交換会122 (7) - コピー

よかったよかった^^


まぁとにかく

参加した大学生の真摯な姿勢と頭の回転のよさに驚くともに

彼らのあどけない表情に気づいた瞬間

あ!自分もそれなりに年なんだなぁと、心をガツンとうたれた冬の一日でした。

それにしても

未だに若手って呼ばれるのが申し訳ない気がする。

いつもありがとうございます。

新大政治選挙意見交換会122 (1)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)