原因と対策と葛藤と社会の負担


平成27年度で燕市のメタボ該当率は県内ワースト2位。

近年地道にワースト順位を上げています。
年末から年始 (8)
医療費抑制や健康寿命の延伸を課題とする担当課にあっては

とても悩ましい問題なんだろうと思います。



メタボは

食生活や運動など普段の生活習慣に密接に関わるものといわれています。

さわやかなスポーツマンでもあり

最近、腹についた重りが気になる私とある議員さんは

ふと気づいたその理由について仮説を立ててみました。

年末から年始 (7)


同様の条件のある長岡市や三条市は

腹囲については燕市よりかなり低い数値となっています。

その背景には何々という理由が考えられるのだけどそうした調査はなされているか聞いてみましたが

まぁ、そこまで踏み込んでいなくても当然だろうなと思いました。

専門的知見をもって詳細な調査をしなければ公表できないものだろうと思います。

ただおそらく

ここまで書くと、ピン!と来る方は多いはずで

気づかれた方は身を以て調査いただきご報告いただけますと幸いです。

とにもかくにも

皆さんの日々の生活態度が表れるものですから

わが身大切に生活していただければと思います。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)