FC2ブログ

議会のあり方と議員個々の仕事

KC4H0653.jpg
昨日は議会報の委員会。




委員会には常任と特別と二つあります。

現在の議会報等特別委員会を

特別な委員会ではなく常任の委員会にしようという声があります。

目的は

広報広聴そのものにもっとしっかりと向き合う環境を構築するためです。

現状でできないのかというご指摘もあろうかと思いますが

きっとできません。

現在の議会報等特別委員会は、「等」という文言が入ってはいても

実際には議会報を作成することが仕事になっていて

議会広報広聴そのものを調査研究するというような

そういう意識が醸成される環境になっていない。

だから少し、議会内部の構造を変える必要がある、ということなのです。

多くの自治体議会でも

議会広報広聴っていうのは議会改革の中で論じられていて

議会改革検討会とか委員会とか、そうした中で発展的に取り組まれているようです。



広報広聴ってとても大切じゃないですか。

でも、議会としての取り組みはまだまだ不十分。

じゃあ、具体的に何をどうすべきなのかってことになるんですが

自分は、市民への出張議会報告みたいなことは必要ないと思っていますけれど

議会として様々な団体や市民の皆さんからお話を伺う機会をつくることは必要だと思うし(これは広報広聴委員会の仕事ではなく、各常任委員会でできる仕事だと思う)

本会議だけのネット配信だけではなく

予算・決算審査、常任委員会審査、協議会

現在公開されているすべての審査、審議を配信すればよいと思います。

ただ

こうした議会のあり方を議論したり研究したり

他の議員へのプレゼンなどは

結局「だれがやるのか?」

ということになります。

以前

2期目の議員で、燕市議会災害対応マニュアルのようなものを作った時も大変でした。

幸い、先輩議員や職員の協力を得られ、無事に進めることはできましたが。

議会っていうのは

それぞれに選挙された方々の集まりで独立独歩が基本。

他の議員の顔色を伺う必要はないわけで

好きなことを好きなだけ言ってよい。

その結果は自身と市民が負うことになるけれど。。。

個々に議員として仕事がある中で

さらに議会としての仕事が増えるっていうのは正直かなりきつい。

こうしたことに時間を費やすより

日常の個々の議員活動をしっかりやることで

住民意思を議会や行政に反映させることの方が効果がある

と考える方もいらっしゃるとは思います。

それに

そちらの方が市民に顔を見てもらえるし

議員もなにか頑張っているなと感じていただける。

そしてそれは

当該議員の次の選挙にもつながるという利益もある。

でもですね

議員に与えられた力を発揮するためには

議会の環境がよい状態であることが必要なわけで

面倒だし大変だけど

やっぱり議会そのものを

よりよい環境にしていくということは必要なんだと思うんです。

個々のことを大切にするか個が依って立つその基盤も大切にするか

というのは議会議員にも問われること。

個がもつその能力や可能性が十分に発揮されるためにも

その環境をつくることはとても大切なことだと思うので

自分は今の流れを大切にしたいと思います。

一歩進んだと思ったら

二歩も三歩も引くこともある。

でもですね

そこには道ができているんですよ。



KC4H0651_20180411091902f96.jpg
市役所一階のテレビで流れています。
燕東小学校の6年生が作成した、地域紹介映像です。


KC4H0652.jpg
帰り際の国上と市役所。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)