総務文教常任委員会市内視察


この時期恒例の常任委員会による市内がありました。
KC4H0624_20180427084526cdb.jpg

KC4H0625_20180427084528f4c.jpg

KC4H0628_201804270845294f6.jpg

KC4H0629_2018042708453102c.jpg

KC4H0630_20180427084532976.jpg

KC4H0631.jpg

KC4H0632_201804270845351cf.jpg

KC4H0633.jpg

KC4H0634.jpg

KC4H0635_20180427084539b07.jpg

KC4H0636.jpg

KC4H0637_2018042708454297e.jpg


議員1期目の時には工事中だったり売却先を探したりしていた施設が

きれいになって稼働していました。

民間事業者へ譲渡されたたのうらつばめなんて

驚くほどきれいになっています。
20110701111927f2a[1]
2011年の写真。

KC4H0620_201804270845232c4.jpg
KC4H0615_20180427084521105.jpg
KC4H0614_201804270845205fe.jpg


研修施設としてどなたでも利用できます。

ここでは最近

自衛隊仕込みの

市職員新人研修が行われているようです。

さて

市の事業や議会での議論には

何年もかけて行われているものがあり

そうしたものの中には

議論の出だしのころから知っているものと

途中から議論に加わるものがあります。

任期中にすべての議論が終わるわけでは無いからです。

最初から関わっているものについては

やはり流れが分かるし

「そもそもこの議論は」というところを知っているので

当初目的から離れてしまうような瞬間に立ち合うことができるわけです。

自分は今年で議員になって8年を迎えますが

8年もやっていればこうしたことが多少なりともあるものです。

期数を重ねられている議員さんはさらにそうしたことは多いわけで。

「知らない」ことを強味に発せられる意見と

「知っている」故の意見とがある中で

結果的にみんな同じことを求めているけど

自分の意見と違う部分にフォーカスが当たってしまい

本質的な議論から離れてしまうことを見るにつけ

冷静に腑かんできるよう気をつけようと思うということ思う

小雨の肌寒い市内視察でした。

終わったら懇親会ありました。もちろん自腹ですからね。

吉田のソウルフードとりにくのレモン和え美味しかったです。

KC4H0639_201804270845447d0.jpg

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)