いじめ


とある小学校において

いじめが発生しているとの情報をいただきました。

いじめには現場の先生が認知できないケースもあります。

また

いじめを認知していてもその対応が不適切だろうと思われるものもあります。

こうした情報を得た際には

しかるべき機関にできるだけ早く情報をいただきたいと思うのです。

市も窓口を設置しています。

○つばめスマイルサポートステーション

◆相談内容
• ひきこもり、不登校、集団不適応、学業不振、いじめ、非行等、つらいこと、困っていること
◆相談日時
• 平日 午前8時30分から午後5時15分
◆相談方法
• 下記の3つの方法があります。
□子ども・若者相談専用電話  0256-77-8308(直通)
□来所相談  燕市吉田西太田1934番地 燕市役所3階 学校教育課
□メール相談  〈メールアドレス〉 smasta18 docomo.ne.jp

燕市いじめ防止基本方針に

『教職員はもとより、児童生徒や保護者、地域住民が日頃から「いじめ見逃しゼロ」の意識を共有し、いじめの早期発見に努める。
また、法第23条を踏まえ、児童生徒からいじめに係る相談を受け、その事実があると思われるときは、いじめを受けたと思われる児童生徒が在籍する学校へ通報するなど、可能な限り早い段階で、適切な措置を講じる必要がある。』とあります。

私たちも

いじめで苦しむ児童生徒を助けることのできる一員であるのです。

無邪気に明るく伸び伸び過ごせるはずのこの時期に

毎日、苦しみの中に身を置かなくてはならないその気持ちを想像すると

切なくなりませんか。

だれに助けを求めてよいのか分からずに

暗闇の中恐怖と共に過ごしているんです。




いじめの起こる背景には

児童生徒の生活環境や

これまで関わってきた大人たちからの影響もあるんだろうと思います。

そうしたことを変えることは非常に難しいけれども

社会が温かく包み込むことはできると思うのです。

社会とは私たち一人一人です。




いじめというものは

退治しようとするものではなく

癒していくべきものなんだろうと思っています。

癒しのための

お一人お一人のほんの少しのお力をいただけますと幸いです。




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)