田上町長選

県央みらい塾として

県央域の発展そして

よりよい社会を目指し

ともに研鑽を積んできた同志今井幸代さんの応援に。

KC4H0619_20180531075851f0c.jpg

街頭で応援弁士を務めさせていただきました。

他の候補批判にならないよう

彼女の良さを知ってもらえるよう

田上町外からみた彼女という人物の素晴らしさを

心を込めてお伝え致しました。

若干熱が入りすぎたようで、のどが痛いです。



県央域のこれからと

新潟県のこれからと

日本のこれからを思う時

同じく県央域を構成する自治体議員の自分としては

田上町のこれからを担い

県央域の新しいリーダーの一人となるのは

彼女をおいて他にないと思う。

二期7年の間

議会・議員活動も真摯に取り組まれて来たのはもちろん

県政、国政へのパイプをつくり

他自治体議員とのパイプをしっかり作って来られた。

これからの自治体運営には

他自治体との連携は当然に必要になってくる。

彼女はすでにそれを持っている。

まさに即戦力。

それは目には見えにくいけれど

とても大切なもの。

彼女はそれを持っています。





田上町長選でよく聞くのは

「若いもんではダメだ」という声です。

これは本当によく聞く声です。

確かに

町議さんも

町長選の他の候補も

ご年配の方が多い。

そういう土地がらなのか。

先般

島根県飯南町へ

定住施策について視察させていただきましたけど

そこで活躍していたのは若い職員さんでした。

毎年、まちの人口の1パーセントが移住してくるって

とてもすごいことだと思いませんか。


若いモンではダメだ

というようなまちに

若い方の活力や意欲が生まれてくるとは思わないし

そこに

若い方が移り住むなんてことは到底考えられないなぁと思うわけで

ヨソのまちの人間が何言ってる!とご批判ありそうですからこれ以上は申しませんが

なんともやるせない思いを抱かずにはいられませんでした。


今井陣営は

老いも若きも元気に走り回っておりますが

平日にも関わらず若いスタッフがとても多い。

選挙戦後のまちの歩みを考えた時

どこの陣営に期待を寄せ

どこと歩調を合わせていくべきかは自明の理。

県央域、新潟県、日本の国のこれからのためにも

今井陣営の圧倒的勝利をご期待申し上げます。




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)